中古マンションを買うならキッチンをリノベーション!そのポイントとは?

理想のキッチンを実現するために、中古マンションを購入してリノベーションを考える方が増えてきています。 しかし、リノベーションする方が増えている一方で、思わぬ失敗をして後悔する方も少なくありません。 リノベーションして良かったと心から思えるキッチンを完成させるために、どのようなポイントに注意すればいいのかご紹介します。

キッチンリノベーション(アイランド型キッチン)

キッチンをリノベーションする前に種類とサイズを確認

キッチンのリノベーションをしようと思うきっかけとして多いのが、今とはレイアウトを変更して使いやすい理想のキッチンを実現したいということではないでしょうか?

ですが、レイアウトによっては広いスペースがないと実現できなかったり、狭くて使いづらいキッチンになってしまいます。例えば、壁付けから対面式に変更したら狭くなって使いにくくなったり、一人でしか作業できなくなってしまった、今まで使っていた食器棚や冷蔵庫、ゴミ箱を置くスペースがなくなってしまったなど、事前にサイズを測っておかなかったばかりに起こってしまった失敗談は少なくありません。

実際に使ってみて失敗したと思うことのないように、キッチンレイアウトにはどのような種類があるのか、それぞれどれくらいのスペースが必要なのか事前にしっかり確認しておきましょう。

安いのはいいけど… I型キッチンのメリットとデメリット

キッチンリノベーション(I型キッチン)

I型キッチンは、昔ながらの壁際一列にコンロやシンク、調理台などが並んでいるタイプのキッチンです。

昔から広く使われてきたタイプなので費用を抑えられますし、カラーや種類が多いため選択の幅が広いというメリットがあります。また、デッドスペースができにくく、少ないスペースを広々と有効活用できるのが特徴です。

しかし、あまり横幅が長くなると動線も長くなり、調理中に行ったり来たりする破目になります。おのずと横に移動するようになるため、複数人ではキッチンが使いずらくなってしまうのもデメリットの一つです。

また、壁の方を向いて調理することになるので、子供や家族とコミュニケーションが取りづらいこと、リビングから丸見えになること、キッチン家具などの配置がしづらいことなどもデメリットだと言えるでしょう。

狭いと無理?II型キッチンのメリットとデメリット

キッチンリノベーション(II型キッチン)

II型キッチンはセパレート型キッチンとも呼ばれており、2列のキッチン台が平行に並んでいるのが特徴です。

それぞれのキッチン台にシンクとコンロが別々に取り付けられているため、作業スペースや収納スペースが広くなっているほか、動線が短く作業効率が高いというメリットがあります。さらに片方は対面式になるので、調理しながら子供の様子を確認したり、家族とコミュニケーションを取ることが可能です。

調理をスムーズに行いたい方や複数人で一緒に作業したいという場合に向いているでしょう。

ただし、キッチンに十分な広さがないと収まりきらず、リビングやダイニングを圧迫してしまうこともあります。他にも、シンクとコンロが別々にあるため、水気の多いものを運ぶ時には水滴などが落ちないように気を付ける必要がある点もデメリットだと言えるでしょう。

デッドスペースができちゃう!L型キッチンのメリットとデメリット

キッチンリノベーション(L型キッチン)

L型キッチンは、シンクとコンロが直角になるように配置されたタイプのレイアウトです。壁に沿って配置される場合と、片方は対面式にする場合があり、リノベーションする際にはある程度の奥行あるスペースが必要になります。

体の向きを90度回転するだけでシンクとコンロを行き来できるため、作業動線が短く効率よく作業できるのがメリットです。複数人で作業するのにも向いており、家族などで分担しながら作業できます。

一方、L字部分のキッチン台の下がデッドスペースになりやすいことや、冷蔵庫などを置くスペースを決めにくいのがデメリットです。コーナーに収納棚を設置するなど工夫すれば、より使いやすいキッチンになるでしょう。

広くていいけど… アイランド型キッチンのメリットとデメリット

アイランド型は、キッチンカウンターが独立しており島のように部屋の真ん中に配置するタイプのレイアウトです。

開放感があるので調理中に家族とのコミュニケーションが取りやすいですし、壁に接していないため調理台を囲んで複数人が作業できるというメリットがあります。おしゃれな雰囲気のキッチンにしたい方や、家族などで一緒に料理を楽しみたいという場合に向いているでしょう。

ただし、壁に面していないこともあり設置にはかなり広いスペースが必要になること、オープンすぎて丸見えなこと、収納スペースが少ないので雑然としやすいことなどデメリットも多いのが特徴です。さらに、換気扇を真上に設置できない場合など大型の換気扇が必要になることもあり、リノベーション費用も高くなりがちなこと、調理中のにおいや水蒸気などが部屋に充満しやすいことにも注意が必要です。

キッチンのリノベーションはプロに相談するのがおすすめ

このように、キッチンはレイアウトによって特性に違いがあり、思い描いているキッチンがきちんとスペースに収まるのか、メリットやデメリットはどんなものがあるのかを理解しておかないと、せっかくリノベーションしても失敗したと後悔することになるかもしれません。

自分で情報を集めることも大切ですが、それでも見落としや勘違いで思っていたのと違ったということもありますので、決断する前にはプロの意見を聞いてみるのがおすすめです。

リノベーションのことで迷ったら、ぜひミノリノに相談してみましょう。
<リノベーション施工会社一覧はこちら>
https://menoreno.jp/contractor_stores

KEYWORD

Large 025 1
いいね!して最新記事をチェックしよう!!
ミノリノ倶楽部×水嶋ヒロ

倶楽部カテゴリー

キーワード

新着記事

オススメ記事