正しく知っていますか?リフォームとリノベーションの違い

マイホームの購入を検討する際、新築のマンションは費用がかかりすぎるという人におすすめされているのが、中古マンションを購入するという方法です。しかし、中古マンションでは、先に住んでいた人々の生活感が残っているうえに、どうしても古くなった家のほころびが気になることも多く、リフォームやリノベーションを行うことが勧められます。より良い生活のためにはリフォームとリノベーションの違いを知ることが必要です。

リフォームは原状回復のこと

リフォーム_水回り

かつては住まいの改修のことは増改築や営繕などと呼んでいましたが、次第にこれらを包括してリフォームと呼ぶように変化していきました。

そのうちリノベーションという言葉も使われるようになってきましたが、ふたつの言葉の違いを明確に説明できる人はあまりいません。

リフォームもリノベーションも古くなった住まいに手を加えることという意味では同じですが、その際にどのような意図や目的をもって手を加えられてるのかによってふたつの言葉は使い分けられていることが現状です。

リフォームとは、一般的にいえば、古くなった(老朽化した)建物を新築の新しい状態に戻すことをいいます。
アパートやマンションの場合、入居者が退去した後に、以前の入居者が住んでいた状態の前に戻すことを指してリフォームと呼ぶこともあり、この場合原状回復の意味合いで使っています。

リフォームとは、「悪い状態からの改良」という意味の単語であり、建築用語でリフォームと言えば、壊れているもの、剥がれているもの、汚れているもの、老朽化しているものをきれいにしたり、新しくしたり、補修したりするときに使う言葉です。

外装や壁の塗り直しやお風呂やトイレ、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどが該当しています。

リノベーションは新機能を追加すること

リノベーション_バスタブ

リフォームが、マイナスの状態を原状回復し、ゼロの状態に戻して機能の回復をすることに対して、リノベーションとは、マイナスの状態から手を加えることによって、ゼロではなくプラスアルファで新たな機能や価値を向上させる場合に使っている言葉です。

一般的に、リノベーションとは、既存の建物に大きな工事を行うことによって、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めさせることをいいます。

リノベーションとは、「革新、刷新、修復」という意味合いを持つ単語であり、建築の際に使われるならば、新築同様にしたうえでプラスして機能性を向上させる工事です。

よりデザイン性の高いものに改良する場合や住環境を現代的なスタイルに合わせて間取り・内外装を変更させることもリノベーションに含まれています。

良く行われるリノベーションとしては、家族の人数変化により2部屋の間の壁を取り払った広い1部屋にしたり、反対に部屋の仕切りを増やすこともあげられます。

また、耐久性や耐震性を高めることを目的として、壁の補修を行うことも近年では需要の高いリノベーションです。

費用は安い!リフォームのメリットとデメリット

リフォーム_洗面

リフォームとリノベーションは似ているようで異なっており、それぞれの施工にメリットとデメリットがあります。

リフォームのメリットとしてもっとも重要な点を簡単に言えば、費用が安くすむうえに、工期も短いという点です。

リフォームとは、老朽化したり壊れたりした内外装・壁の改修・補修を行う原状回復の工事であるため、工事の規模は小規模になることが多いです。

そのため、材料費やかかる手間も少なく、費用はリノベーションよりも安くなるうえに、工期が短くなります。

経済的な負担が少なく、不便のかかる期間も短いために非常に便利です。
加えて、原状回復であることから、仕上がりのイメージがしやすく、かつイメージとはずれることが少ないので、施工に不満を持つことが少ないという点、リフォーム後の住宅に大きな変化がないために使い勝手にも変化が少なく生活しやすい点もメリットと言えます。

反対に、デメリットとしてあげられる点は、原状回復が目的であるため、住宅の機能が新しくなるわけではないということです。
現在の住宅機能に不満があっても、改善されることはありません。

機能性のUP!リノベーションのメリットとデメリット

リノベーションのメリットとデメリットは、リフォームのメリット・デメリットの反対とも言えます。

リノベーションの大きなメリットは、新しく家を建てるよりも安い費用で、別の住宅を建てたかのように室内の印象が変わり、住宅の機能性が上がるということです。

リノベーションの目的とは、新築の時以上の性能を持たせるようにすることにあります。

そのため、住宅の間取りの変更やデザインを変更させることができ、自分たちの生活スタイルに合わせた住宅に作り替えることができ、ライフスタイルの変化と共に生活しやすい住宅に住むことができることも大きなメリットです。

これに対してリノベーションのデメリットは、端的にいえば工事が始まってから引き渡しまでの工期が長くかかりがちであり、かつ費用も高くなるという点です。

リノベーションでは、リフォームのような壁紙の張り替え程度の小規模な工事ではなく、間取りや配管変更まで行う大規模工事になることが多いうえに、新機能を持った新たな設備を取り付けることになります。
するとどうしても工事期間は長く、費用も高くなってしまいます。

築年数が古ければリノベーションのほうが良い

リノベーションキッチン

リノベーションとリフォームでは、似ているようで異なります。

築年数の古いマンションならば、リフォームにより古い機能の住宅を回復させるよりも、リノベーションを活用する方が、費用や工期が少しかかりますが、機能も良く使い勝手の良い生活スタイルに合う住宅に生まれ変わります。

間取りにも立地にもこだわるけれど、新築を購入するほどの費用は出すことができないという人は、ミノリノで中古リノベーションマンションを探すことがおすすめです。

↓↓リノベーションマンションを見てみる↓↓
https://menoreno.jp/

全国の中古リノベーションマンションを条件によって簡単に見つけることができます。安い買い物ではないからこそ、理想の住まいを見つけてください。

KEYWORD

Large %e3%83%aa%e3%83%8e%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3
いいね!して最新記事をチェックしよう!!
ミノリノ倶楽部×水嶋ヒロ

倶楽部カテゴリー

キーワード

新着記事

オススメ記事